佐賀県玄海町のふるさと納税特産品「PremiumGENKAI」12月 ふるさと納税は主婦でもできる!

ふるさと納税で食卓を潤し、節約&節税になることが嬉しい今日この頃。それ以外の旅行や日々のこともたまに書きます。。

ホーム > スポンサー広告 > 佐賀県玄海町のふるさと納税特産品「PremiumGENKAI」12月ホーム >  魚介類(鮮魚・干物・練り物・加工品等) > 佐賀県玄海町のふるさと納税特産品「PremiumGENKAI」12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

佐賀県玄海町のふるさと納税特産品「PremiumGENKAI」12月

ずいぶんここでの紹介が遅くなってしまいましたが、12月に玄海町から真鯛が届きました!
玄海町12月真鯛1

10万円の寄附で毎月特産品を送っていただける「PremiumGENKAI」の最後です。
12か月、本当にいろいろと楽しませていただきました。
自分で選んだ特産品が送られてくるわけではないので、毎月ワクワクしながら待っていました。

玄海町12月真鯛2
そして、届いたのがこちら!開けてびっくり、超大きな鯛(1.5Kg 相当)です。
上にあるのがA4用紙なので、それをゆうに超える大きさ。こんな鯛まるごと、手にしたことありません。
想像以上の立派さに、しばし呆然。
我に返って母親に「Help」電話・・・笑
触ったこともなければ、どう調理していいのか、さっぱりわかりません。
というわけで、その日の夜に一緒に調理することになりました~。

とはいえ、母もプロではないので、まずは下調べ。
用意したのは、出刃包丁と、ウロコ取り。
参考にしたのは、以下の動画です!


神経締めという状態のようで、鮮度が保たれているとのこと!
鯛って、こんなにウロコがすごいんですね!こんなことも知らず。
新聞紙をキッチン全体にひいて、その上に、まな板をおいて調理すると片付けが楽ですよ。
玄海町12月真鯛4

動画を参考にして、二人で悪戦苦闘。
こんな機会もないから、楽しいねーって話しながら、キャーキャー言いながら調理しました。
刺身にする技量もないため、煮つけとあら汁に。
特に頭の部分は骨が硬かったので、手をきらないように要注意です。
玄海町12月真鯛6
そんなこんなで、無事に仕込みが完了しました!
あとは、火を通すだけ★

実はこの鯛、5000円の寄附でも選択できる特典の1つです!
みなさん、どうしているのかなぁとブログを読んでみると、結構多くの人がこの真鯛を堪能してました。
中には、調理できずに2000円払って近所の魚屋さんでさばいてもらったという方も。
自分では買わないので、これもふるさと納税の楽しみ方の一つで、
私にとっては、初めての良い経験になりました。

玄海町12月真鯛完成
そして、夕飯がこちら!タイの煮つけと、あら汁。すごいボリュームです!
ちなみに、ご飯は、長野県栄村の白米を炊きました。
こんな肉厚な鯛ははじめて!贅沢すぎるとびきり煮つけができました。
素材が美味しいと、ふだんの煮つけもこんなに違うものなんですね!

是非ご興味ある方は、玄海町へ5000円納税して鯛をゲットしてみてください★

玄海町ふるさとチョイスのページはこちら
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/41387

玄海町さん、ごちそうさまでした~!!!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。