ふるさと納税は主婦でもできる!

ふるさと納税で食卓を潤し、節約&節税になることが嬉しい今日この頃。それ以外の旅行や日々のこともたまに書きます。。

ホーム > 味噌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界にも通用する究極のお土産10選に選ばれたつゆ

既に何回リピートしているかわからない品があります。
それが、岩手県花巻市からいただいている、
佐々長醸造味の匠です。
寄付してから1か月弱程度で届きました。

5000円の寄付で、つゆとお味噌がいただけるセットですが、
このつゆが絶品です!!!
花巻市つゆ

「世界にも通用する究極のお土産10選」に選ばれたというこのつゆですが、
日経のお取り寄せランキングでも1位に輝いたことがあるそうです。
甘いつゆが苦手な我が家には、この味がちょうどいい!
そばつゆはもちろん、料理にもよく使うので、あっという間になくなってしまいます。

ふるさとチョイスでの紹介ページ
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/03205/139054

今の時期、お歳暮にも喜ばれるのではないでしょうか。
そろそろなくなるので、追加で寄付しなければ!!!
もちろん、お味噌も美味しいです!


関連記事
スポンサーサイト

新潟発 手作り味噌に挑戦⑥天地返し

このブログで、ふるさと納税以外でひそなか人気コンテンツが(笑)
「手作り味噌」で検索して来られる方が、多いみたいなんです。

新潟発 手作り味噌に挑戦①準備編
から5回にわたって、味噌作り記事を掲載し、完結させていましたが、
せっかくなので、この夏の天地返しの結果もお知らせします。

もちろん、生まれて初めての天地返し。
ブログ等で、カビがすごかったという人の記事を見てビビリまくり。
結局、勇気を出して樽をあけられたのは、8月のお盆時期でした。
本当は、梅雨明けを予定したので、1か月弱の遅れです 笑

全部にカビがはえてたらどうしよう、、、という不安いっぱいで開けましたが…

天地返し前
なんということでしょう!

表面には、カビらしいカビがまったく見当たりません!
これも、徹底したカビ対策の成果でしょうか。
本当に少しだけ、白っぽいカビ?なのか、塩がかたまっただけなのかわからないようなところが
ありましたが、白カビは、良いカビで混ぜちゃうということらしいので、
まったく気になりませんでした。

2重にしていた袋の内側だけを最初は取り替える予定でしたが、
なにやらかなりの水気が、、、
たまり醤油的なもの
たまり醤油的なものが染み出ていました。
これはどうしたら???ということでネット検索したところ、
味噌に混ぜ込んでしまう派と、取り出してしまう派が。。。
けっこうな分量だったので、私は取り出してしまいました。

あとで調べたところ、このたまり醤油的なものが、夏のカビから味噌を守っている役割を
はたしていたようなのです!!!

それにしても、袋を二重にしたおかげで、においも気にならないし、
天地返しも袋を取り替えればいいので、樽を洗う必要もなく、思わぬ副産物でした。

ぐわっと下からかき混ぜて、全体を均一に。
味噌団子を作って、新しい袋をかぶせた樽の中に、空気を抜くようにたたきいれていきました。

天地返し後
その結果↑こんな感じに。

ペットボトルにお水をいれた重石は、これまでの重さの半量に。
小さいボトルだったので、200ml位でしょうか。
天地返し後〆る
新しい新聞紙をかぶせて、完成!
これで、あと半年ですかね。

今回ちょっと味見してみたら、まだかなりからかったですが、これが熟成されるとマイルドになるのかな。

取り出したたまり醤油的なものは、かなりしょっぱいので少しずつお料理に使っています。
これが、どんなうまみをだしているのかは、よくわかりませんが 笑
完成が楽しみです!

今回作っている味噌セット↓






関連記事
[ 2014/09/25 12:00 ] 美容と健康 | TB(0) | CM(0)

吉野町長さんから暑中見舞い

吉野町から暑中見舞い
我が家に、今年初めての暑中見舞いが。。。
と思ったら、3月にふるさと納税した、吉野町からでした!

私は世界遺産が好きなので、吉野山を守るために使ってもらえたらと思い、
この吉野町を寄付先に選びました。
奈良までは遠いので、なかなかいけませんが、世界遺産登録10周年を機に
また盛り上がってほしいです。

吉野町から特産品が届いた時の様子はこちら↓
18 梅谷醸造元 宮滝しょうゆ・味噌詰合せセット です。
http://388.blog69.fc2.com/blog-entry-40.html


4月以降、また特産品のリストが新しくなっているようですね。
特産品を贈っていただける寄付は1万円以上です。
平宗の柿の葉寿司・森林セラピー体験ツアー・吉野産天然猪肉ロース・
お米・温泉チケットもあります。
吉野町のサイトをチェックしてください。
http://www.town.yoshino.nara.jp/chosei/furustonouzei/
関連記事

玄海町と御杖村の特産品コラボごはん

4月のPREMIUM GENKAIで届いた、お米とお味噌。
今朝の朝ご飯は、ふるさと納税特産品コラボごはんでした
4月のプレミアム玄海が届いた時のエントリーはこちら

まずは、合わせ味噌を使った、お味噌汁!
玄海町合わせ味噌  合わせ味噌の味噌汁
今まで、意識していなかったのですが、私は合わせ味噌が好きなようです!
この玄海町のお味噌、お米や麦などいろいろ入っていて、お味噌汁の最後になると
あれ?ご飯がはいっちゃってる?と思うほど、酒粕のようないろいろ下にたまっています。
これが、旨味・甘味なんでしょうね。
今まで、奈半利町のお味噌、吉野町のお味噌など、いろいろいただきましたが、
また、新しいお味噌の味でした!

玄海町黒米
そして、こちら!お赤飯じゃないですよ。
玄海町からいただいた黒米を混ぜた、ご飯です。
ここがコラボ!白米は、奈良県御杖村からいただいたお米です。
初めて黒米というものをいただきました!
黒米とはいわば稲の原種で古代米の一種だそうで、普通の白米に比べて、
タンパク質、ビタミンB1、B2、などなどが豊富らしいです!
胃腸を丈夫にし、滋養強壮に効果があり、中国では妊産婦が好んで食べるとか!
白米とはまた違った甘味があって、おかずがなくても、これだけで美味しくいただけます。

ちなみに、御杖村のお米は白米のみだとこんな感じ。
そして、右側は、奈良県吉野町のふるさと納税でいただいた麹味噌で作ったお味噌汁です。
お味噌汁は、ちょっと色の違いが写真ではわかりにくいかなぁ。
御杖村のお米 吉野のお味噌汁

amazonでも黒米は、多数販売しているようです!要チェック!

そして、玄海町へのふるさと寄付金の詳細はこちら確認下さい!
http://www.town.genkai.saga.jp/town/history/000000117/

吉野町のふるさと納税サイト
http://www.town.yoshino.nara.jp/chosei/furustonouzei/

御杖村のふるさと納税サイト
http://www.vill.mitsue.nara.jp/kurashi/guide/20110324190204.html
 →なんと!御杖村のお米が品切れで、ふるさと納税の受付は
  9月再開予定とアナウンスされています。
関連記事

佐賀県玄海町のふるさと納税特産品「PremiumGENKAI」4月

佐賀県玄海町の特産品PremiumGENKAI4月分が到着しました☆
PremiumGENKAIは、10万円の寄附で、毎月特産品を贈っていただけるコースです。
今月も、差出人が岸本町長のお名前でした
個人名で届くのでお会いしたこともないのに、もうお知り合いの気分です 笑
玄海町4月特産品詰合せ1
玄海町のサイトに記載されていた内容だと、今月は「町おすすめ特産品」。
でも、まったく違うフグが届いたこともあったので、
中を開けるまではドキドキワクワク♪

玄海町4月特産品詰合せ2

箱を開けると、お品書きが入っていました~。やっぱり特産品みたい!
玄海町4月特産品詰合せ3
内容は、
合わせ味噌・いりこ・さかえ漬・黒米・梅干し
の5点でした!!!

お味噌は、なくなりかけていたので、めちゃ助かる!
今年に入ってから、図らずもお味噌は途切れておらず、
奈半利町→吉野町→玄海町 のお味噌リレーは続きます★

こちらの特産品を贈ってくれたのは、ふるさと発想館さん。
http://genkai-dandan.net/
↑こちらで、一部商品購入も可能なようです。
あのニュースで得する人損する人の取材を受けたと、HPに書いてあります!

そして、玄海町へのふるさと寄付金の詳細はこちら確認下さい!
http://www.town.genkai.saga.jp/town/history/000000117/

5000円の寄附から、特産品をいただけるのは嬉しいですね!
黒毛和牛や、いちご、うに などなど特産品も豊富です。

また、本日いただいたものを食べる時に、報告したいと思います!



関連記事

奈半利町のふるさと納税特産品を食す!

ある日の我が家の食卓!
それはもう、奈半利町の味が沢山詰まった幸せな食卓。
ふるさと納税って、本当にすごい!

奈半利町ごはん 奈半利町味噌汁 奈半利町酢味噌

左:地米自慢の新米(これに十穀米を個人的にプラスして炊きました)
真ん中:奈半利産にんじんと奈半利味噌を使った豚汁
右:冷凍で届いた炊込みご飯(主人はこっちを食べました)

奈半利町いか大根 奈半利町混ぜご飯 奈半利町うるめいわし

左:奈半利産大根と冷凍で届いたするめいかを使ったいか大根
真ん中:これは、味付けに奈半利のにんにく酢味噌を使用
右:土佐うるめイワシ

どれも、めちゃくちゃ美味しい
特にお気に入りは、土佐うるめいわし!
実は、私、うるめいわしを焼くのは初めて。。。
調理法を調べたら、冷凍のままグリルでって書いてあったのでそうしました!
そのくらい調べるなよって、声が聞こえてきそうですが^^;
苦味もあって、身が詰まってホクホクでした。

そして、実は、私、調理していないイカを触るのも初めて!
真ん中を通る、透明な骨を外したの、初めてです(笑

ふるさと納税によって、私のレパートリーが増えますね
なぜなら、自分では買わない食材を料理できるから!
これはチャンスです!

あ、あと別の日に、いちじく羊羹もいただきました。
奈半利町ようかん
初めていただきました。イチジク入り。
こちらも、上品な甘さで、主人と2人で二日で完食です。

というわけで、奈半利町のみなさま
ごちそうさまでした!!!!

奈半利町のふるさと納税はこちらですよ!
http://www.town.nahari.kochi.jp/hurusato2/hurusato.html

特産品が届いた時の様子はこちらを見てください



関連記事

高知県奈半利町のふるさと納税特産品

高知県奈半利町に年末の駆け込み納税しました。
なぜ、奈半利町にしたかと言うと、旅行したことがあるからです
ごめんなはり線というローカル電車は、やなせたかしさんが
1駅ごとにキャラクターをデザインされていて、とってもカワイイんですよ!

今回申込みをしたのは、福B・・・2万円です。
数量限定100個
「特産品が多すぎて袋に入りきらないため、ダンボール(福ボックス)で発送させて頂きます。」
という、ホームページの言葉に、踊らされました(笑

奈半利町福B
  そして、届いたのがこちら!
  なんと、2箱も!
  圧倒されました

  上が冷凍品、下が通常配達です。

  福袋なので、人によっても季節によっても
  中身が異なるのでしょうが、
  我が家のケースをご紹介します!


奈半利町冷凍品一式  冷凍品の中身は・・・
  ・スルメいかの船上天日干し
  ・天然まぐろ 鮪スティック
  ・金目鯛の炊き込みごはん
  ・イカリング
  ・季節の魚のフライ
  ・土佐うるめいわし

これだけでも、おなかいっぱいですね

さらに、段ボールをあけると、いきなり感謝状が!
こんな賞状、生涯いただいたことありません。
意外と嬉しいものですね。主人も喜んでました。
奈半利町通常一式 奈半利町なはりこちゃん
賞状の下には、なはりこちゃんがお目見え!ごめんなはり線のキャラクター。
我が家では、おなじみです^0^

奈半利町福B一式  そして、じゃじゃーん (←古い)

  こちらが、段ボールの中身一式です!

  白菜、ブロッコリー、にんじん、トマト、ホウレンソウ、大根
  お米10kg(複数種が入っているブレンド米でした)
  味噌、酢味噌、
  しゃもじ、スプーン?(ともに木製)
  いちじくようかん、うちわ葉書(一番壁際上のです)
  なはりこちゃん人形

もうアンビリーバボーです。
うちの冷蔵庫に入らない・・・笑

来年も、納税確定ですね。絶対に、納税します!
1万円以上から、特産品をいただけますよ。

奈半利町ふるさと納税のページ
http://neconote.jp/town_nahari/

ごめんなはり線のページ
http://gomen-nahari.com/
関連記事

新潟発 手作り味噌に挑戦⑤樽詰め[完結]

味噌だんご投げ入れる
 いよいよ、樽詰めです。
 樽には、お漬物用ビニール袋を2枚重ねて敷き、その中に味噌を入れます。
 直接樽に入れる人もいるらしいけど、においがどうなるか心配ですからね。

 先ほど作った、みそ団子を勢いよく、樽に投げ込みましょう。
 投げ込むことで、空気を抜きます。
 そして、その団子を上からギュッギュと隙間ができないように押さえます。

 これを全ての団子で繰り返し・・・





全部つめた状態上から塩を振る
 左:全部詰めました

 右:米麹と塩を混ぜる時に一つまみ残した
   塩を一番上に振り掛けます
    →空気と触れる部分のカビ防止









サランラップ内側の袋をしめる
 左:サランラップを上から敷いて、空気と触れないようにする。
   →これが意外とくっつかなくて難しい・・・
    結果、なんとなくかぶせる程度になりました。

 右:内側のビニール袋をたたんで折り込む
   →きっちりゴムなどで蓋をする手もありましたが、お味噌屋さんなど和紙で蓋をするところもあるようで、多少なりとも通気性を保った方がいいのかな?という見解で。
   ↓
その上から、分量外の塩を振りかけます。これもカビ除け?かな。



内蓋とペットボトル隙間に塩
 左:内蓋をして、上から重石代わりのペットボトル
   総量の1割で十分とのことだったので、
   仕上がり4kg→400g程度。
   内蓋が少し重かったので、
   ホット用ボトルに水入れて360g程度
   ちょうど良い感じでした。

   漬物用の重石だと重すぎてしまうかな

 右:その上から外側の袋を蓋します。
   袋と樽の隙間にも塩を入れた方が良いと
   ネットで見つけたので、その通りに。
   でも遠慮して、ほんと気持ちだけです。

外蓋
 最後に、樽のふたが閉まらないので、
 新聞紙をかぶせ、ビニール紐で縛りました。

 これで、仕込みかんせーい!!!

 のぞいてチェックしたいところだけど、開封しない方がいいらしいので
 7月頃に天地返しをするときまで、封印です。

 冬なので、どこも涼しいから置き場所は問わないみたい?
 私は、台所の調理台の下に調味料などおいている場所の
 奥に場所を確保し、そこに寝かせることにしました!

 ドキドキ、、、、開けたい!でも開けちゃダメ、、、

 初めての味噌作り、詳細に記録したので、
 出来上がり次第、反省したり反省したり・・・笑
 したいと思います!


今回使用している、手作り味噌セット!





関連記事
[ 2014/02/24 17:05 ] 美容と健康 | TB(0) | CM(0)

新潟発 手作り味噌に挑戦④みそ団子

今回使用している、手作り味噌セット!














準備が整ったところで、いよいよ味噌作りです。

ゆであがりの大豆大豆を潰す

左:大豆がゆであがったら、ザルにとります。
   手でつぶす場合は、少し冷ましてからでないと、熱いです。

右:今回はポテトマッシャ―でつぶすので、熱いうちにとりかかります!
  一度に全部だと潰すのが大変なので、3回くらいに分けて潰します。
  意外とサクサク潰していけました!

潰す他の方法としては、フードプロセッサー・袋に入れて手や足でつぶす人が多いようです。
足で踏むときは、袋が破けてしまわないように、注意です!

麹と塩と大豆混ぜる
 つづいて、大豆+塩と米麹+種味噌をさきほどビニールを広げたテーブルの上で
 豪快に混ぜていきます!あまりに一生懸命だったので、写真は撮れず・・・

 米麹と種味噌は、数回に分けて、練り込んでいきます。

 ★大事なポイントは、麹を均等に練り込んでいくこと!全体に、均等に!

 手袋をした両手の手のひら全体を使って、体重をかけながら混ぜます。

 途中、堅いようだったら、とっておいた大豆のゆで汁を少しずつ加えます。
 400ccとっておきましたが、結局私が使ったのは150cc程度。
 
 !あまり水分が多すぎると、カビの元になるので、入れすぎには注意!

 ★目安は、耳たぶくらいの方さです。

混ぜあがった味噌
こんな感じで、均等に混ざりましたよ!
60~80回ほど、丁寧に混ぜます。素手の場合は、指輪を外すのは忘れず!
手にもアルコールをふりかけましょう!





みそだんご
次に、樽に詰める準備で、味噌だんごを作ります。

ハンバーグを作るようにして、少量ずつ手にとり、両手を行き来させて空気を抜きます。
空気があるところから、カビが生える原因になるそうなので、丁寧に。

これで、あとは樽に詰めるだけ!









関連記事
[ 2014/02/24 13:37 ] 美容と健康 | TB(0) | CM(0)

新潟発 手作り味噌に挑戦③消毒&麹準備

米麹を自然解凍米麹と塩





左:注文していた米麹は冷凍で来ていたので、2時間程度放置して自然解凍。
  大豆を煮ている途中で、冷凍庫から取り出しましょう!

右:解凍できたら、塩520gのうち、ひとつまみ程度袋に残して、米麹と混ぜます。
  この残した塩は、樽に詰める最後にいれるので、ちゃんと取っておくこと。

麹と塩混ぜる
 調理用手袋をして、塩と米麹が均等になるように両手を使ってよく混ぜます!
 衛生的に手袋をした方がいいかなと思いましたが、他サイトなどみると、皆さん素手でやっている方が
 圧倒的に多いようです。素手の時は、ちゃんと指輪もはずしましょう!










樽の熱湯消毒アルコール消毒
 次に、お味噌を寝かしておく樽の準備。
 
 左:熱湯消毒します

 右:焼酎をふりかけて、キッチンペーパーで全体に、すりこむ。
   この時、特に口の周辺や蓋、も丁寧に。

   ※それから、大豆を潰すポテトマッシャ―・ボール・内蓋など、
    ふれそうなもの全てを消毒するのを忘れずに。


そして、大豆と麹などを混ぜる場所を作ります!
味噌混ぜる台を準備大きなボールもないので、これが一番悩みました。どこのサイトを見ても、豪快に混ぜた方が作業効率も良いし、均等にまざるとかいてあったので、さて、どうしたものか。。。

 そこで!!!

 樽にかぶせるつもりで買ってきた漬物用袋を裂き、一枚の大きなビニールに。
 これを食卓にセロハンテープで張り付けて、この上で豪快に混ぜることにしました。

 この方法のメリット
 1.わざわざ大きなボールを買う必要なし
 2.テーブルなので、複数人数で作業可能
 3.漬物用袋は丈夫なので、破けにくい
 4.なにより、清潔!

これで、準備完了です!

今回使用している、手作り味噌セット!

 
関連記事
[ 2014/02/20 12:18 ] 美容と健康 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。